フリースピーチ

From Join the Fediverse
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Free speech and the translation is 91% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:

WikiPediaは表現の自由 (freedom of speech) を「報復、検閲、法的な制裁を怖れることなく個人または集団が意見またはアイディアを表現する自由を支持するという原理」と定義しています。
しかしフリースピーチ (free speech) には限界があります。

フリースピーチの法的な限界

混雑したスーパーマーケットで「火事だ!」と叫べば、法的な責任に直面することは避けられません。
ハラスメントと扇動を罰する法律があります。
オーストリアでは「Verbotsgesetz 1947」と呼ばれる法があり、例えば、ナチス式敬礼をして「ハイル・ヒトラー」と言えば違法になります。

フリースピーチとフェディバース

定義によっては、フェディバースのほとんどすべてのインスタンスはフリースピーチインスタンスです。これは、政府による検閲がないという意味です。しかし、通常フリースピーチインスタンスと呼ばれるものはこれとは違います。
フリースピーチインスタンスは可能な限り最小のモデレーションによって特徴づけられます。例えば、他のインスタンスをブロックせず、ヘイトスピーチにあふれており、ユーザーを脅かしたりハラスメントを行ったりするユーザーまたはインスタンスをユーザーがブロックすべきであると信じています。
これが、フリースピーチインスタンスに人種差別者、女性嫌悪者、性差別者があふれている理由です。

本当に多様な意見を最大限に許すためには、抑圧しハラスメントを行いヘイトスピーチを吐き出すユーザーをブロックする必要があります。

フリースピーチインスタンスを避けるには

Friendly Moderation Covenant と呼ばれる最小限のモデレーションに従うインスタンスがあります。この誓約 (convent) に従うインスタンスは、あらゆる意味で怪しげなインスタンスと連合しています。あなたはそのようなインスタンスを避けるべきです。ナチスの投稿やそれに類するものをあなたのタイムラインに入れたくなければ。

さらに悪いインスタンスは FediBlock blocklist に載っています。

マストドンのインスタンスに加わる前に /about/more ページを見てください。そのインスタンスがブロックしているインスタンスのリストが書いてあることがあります。もしそのリストが短すぎるならば、そのインスタンスのモデレーションは厳格ではないでしょう。